私が開院した理由

・本当に身近で大好きな人の痛みや苦しみを取る事で、笑顔になり、喜んで頂きたい!
・「良くなった!」「助かった!」と云う声を聞きたい!
・痛みや苦しみで困っている方の少しでも役に立ちたい!
これが私の本当の開業の動機です。

私は、小学校1年生の時の文集に
「将来の夢は、ばあちゃんの腰を治すお医者さんになる事です」
と書いていました。私は、ばあちゃん子であり、ばあちゃんが大好きでした。
祖母は、とても頑張り屋で、弱音を吐いた事が殆どありませんでした。
腰と肩が痛くて、トクホンや湿布などの貼り薬や近くの斎藤医院の大先生から腰と肩に痛み止めを打ってもらっていました。

常にその姿を目にして、ばあちゃんを助ける為に、少しでも良くできる方法は?
そうだ!お医者さんになれば助けられる!と云う事で医師を志しました。
お医者さんの中でも『整形外科』のお医者さん成る事が夢であり、希望でした。

お医者さんになるには、医学部合格、国家資格合格と云う
大関門が私の前に立ちはだかりました。
その大関門は突破できませんでしたが、
天職とも言える『施術家』の道に進むことが出来ました。

御縁があり、カイロプラクティク出身で素晴らしい先生の元、
貴重な4年半という月日を施術だけでなく、人生の勉強をもさせて頂きました。

修行時代は、御金では換え難い貴重な体験や生きた勉強をさせて頂きました。
自分の身分相応以上の御金も頂いておりました。本当に有り難く思っています。

バブルの絶頂期でしたので、
仲の良い友人が、数百万円の高級車に乗っている時に、
私は、当然ですが、中古の軽自動車でした。(スバルレックスコンビの赤)

その様な状況でも、自分の夢である
「ばあちゃんの様に苦しんでいる人を助けたい!」
と云う想いがあった為に、いろいろなことに対しても我慢が出来た様な気がします。
その事が今に大いに活かされ、私の基盤になっております。

そして、お世話になった先生のお陰で、
26歳の時に開院させて頂きました。

平成6年6月の時点で、
私の地元の河北町だけでなく、寒河江市、朝日町、大江町、西川町でも
自由診療(保険を使わない施術)は、1件もありませんでした。

いまは、笑い話ですが、
周りの方々は、直ぐ廃業するに決まっている!
と思っていたそうです。(実は、両親もそう思っていました)

ここまで続けられたのは、
とても温かく、時には厳しく御指導頂いた師匠や学んだ療法の先生方、
来院して頂いた患者さんや地域の皆様、
そして、愛妻、子供、両親、兄弟などの家族の絶大な協力のお陰です。

整体院は、患者さんに来院して頂かないと成り立たない所です。
いくら自分の技術が上手い、自信があると云った所で判断されるのは、
来院された患者さんです。

ですから、26歳の世間知らずの若造がここまで続けてこられたのは、
来院した頂いた方、また、そこから色々な方を御紹介した頂いた方々のお陰だと思っています。

本当にそれしか考えられません。
最後になりましたが、天国のばあちゃんのお陰は、勿論あります。

私は、開業した時の初心を忘れず
「ばあちゃんの様に痛みなどで苦しんでいる人を助けたい!」
と云う変わらぬ思いで、
毎日の施術に励んでおります。

毎日、全力で施術をさせて頂き、
来院された方(御一人御一人)との御縁を
「一期一会に大感謝」の気持ちでいます。

このページの先頭へ