【肘が伸びない】のですが・・・~その4~

 【山形県河北町の整体】土日祝日も営業の「よくなる整体院」院長 中村守です。

おはようございます。
明日は、東京出張です。
桜は、きっと咲いていると思います。

a0960_008541
今日も【肘が伸びない】で来院のMさん(寒河江市在住)

昨日は、書くのを忘れていたことがります。

左の【肘が伸びない】状態のMさんですが、
必要以上に左の肘を伸ばさないよう
にお話をさせて頂きました。

まだ、腕尺関節の状態が万全でないこともありますが、
長い期間【肘が伸びない】状態でしたので
急に動かすことで良くないこともあります。
(私の施術経験を基に)

ですから、右肘を伸ばして頂くよう
にお話をさせて頂きました。

今回は、
前回などの施術させて頂いたところの確認をし、
腕尺関節の調整を行います。

前回までの状態も良かったです。
Mさんの左肘に関しては、
骨折はしましたが、手術はせずにギブス固定の治療でした。

骨折は、勿論治っていますが、
腕尺関節のズレが見られました。
本当に微妙ですが・・・。

①腕尺関節のズレをダイレクトに調整する方法
②腕尺関節のズレを間接的に調整する方法
の2パターンがあります。

今回のMさんに関しては、
②腕尺関節のズレを間接的に調整する方法
を選びました。

②腕尺関節のズレを間接的に調整する方法
では、関節だけでなく靭帯も同時に調整が可能です。
また、痛みが全くない状態です。

メリットだけではありません。
②腕尺関節のズレを間接的に調整する方法
では、時間や回数が少しかかります。

Mさんともお話をさせて頂き、
了承を得ましたので行った次第です。

その際に右の肘は、
伸ばした状態にして頂いました。
ここがポイントです。

健全な方の右肘を伸ばすことで
左の肘も伸びやすくなります。
脳のメカニズムの応用です。

無理のない様に行った結果、Mさんからは、
「先生、段々伸びていくのが解りました。
凄いでね。」
と笑顔でおっしゃって頂きました。

今日は、ここまでにしました。
次回は、今回の続きを行います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【山形県河北町の整体】土日祝日も営業の「よくなる整体院

〒999-3515 山形県西村山郡河北町谷地荒町東1丁目5-5

『完全予約制』TEL 0237-73-5188

ご予約の際は、「ブログを見て」とお電話くださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

このページの先頭へ