【足の冷え】は何とかなりますか?~その5~

【山形県河北町の整体】土日祝日も営業の「よくなる整体院」院長 中村守です。

こんにちは。

今日の山形県河北町は、快晴ですね。
ゴールデンウイーク7日目です。
天気が良くて何よりです。

a0960_008788

今日も【足の冷え】で来院のNさん(河北町在住)

今日は、
Nさんにお話したセルフケア(自己トレーニング)
の内容で書かせて頂きます。

以前書かせて頂いた内容は、省かせて頂きます。
①腹筋
②爪先立ち
③臀部筋の強化
です。

①腹筋
仰向けに寝て頂き、
太ももの間にクッションなどを挟みます。
ポイントは、膝ではなく太ももであること。

太ももにモノを挟むことで
内転筋の強化と骨盤を正常な状態にすること
が目的です。

そして、腹筋の中でも臍より下の腹筋を意識して、
上体を起こしていきます。

腹筋が弱くて上体を起こせない方は、
臍より下の腹筋に力が入れるようにしただけでも
OKです。

回数や時間よりも
先ずは、臍より下の腹筋を意識することが重要です。


②爪先立ち
第2の心臓と言われているふくらはぎの筋肉(腓腹筋など)
を使えるようにするには、
爪先立ちが有効です。

・家事の時
・テレビのコマーシャルの間の時間
・朝などの歯ブラシの時間

に爪先立ちをする事でふくらはぎの筋肉が強化されます。
出来るならば、お家に中を爪先立ちで歩かれれば更にOKです。

③臀部筋の強化
Nさんだけでなく、殆どの方は、
年齢と共に臀部筋が弱化してきます。

これは、骨盤が後ろに倒れることと大きく関係します。
その状態では、脚の後ろ側の筋肉をあまり使わなくなります。
足の後ろ側の筋肉には、ふくらはぎの筋肉をあります。

臀部の筋肉は、骨盤を正しい状態に知ることに大きく関係します。

やり方としては、
右足、左足の内でやりやすい方から行います。
これは、原則ですね。

そして、お尻に緊張を感じたら片足ずつ行います。
もう一方の脚は、台に載せておきます。
曲げる方の脚は、Max90度までです。

出来ない方は、その前まででOKです。

そのような内容をNさんに説明させて頂きました。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【山形県河北町の整体】土日祝日も営業の「よくなる整体院

〒999-3515 山形県西村山郡河北町谷地荒町東1丁目5-5

『完全予約制』TEL 0237-73-5188

ご予約の際は、「ブログを見て」とお電話くださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメントを残す

このページの先頭へ